読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

男性にごちそうしてもらうのに、私たち女が払う代償。

 

10歳以上離れた男性とごはんを食べることになった。

友達の知り合いで、飲み屋で知り合ったそう。

飲食店経営でお金を持っていて口が肥えている。

だから、友達はたまにご飯をごちそうになっているらしい。

予約が取れない高いお店に、私も連れて行ってもらうことになった。

たまたま一人がドタキャンしたらしい。

 

ラッキーおいしいご飯食べられる~なノリで行った。

 

確かにとてもおいしいけれど、会話がとてもつまらなかった。

彼ら(2人いた)の男性としての尊厳を聞かなくちゃいけない。

早い話ゲスい下ネタが繰り広げられた。

俺はモテるといいたいらしい。

 

お金を払ってもらう代わりに、

会話で性的搾取をされているんだなあと感じた。

こんなのは初めてだった。キャバクラだった。

給料が同時進行で現物支給されていた。

 

そういう似たような飲み会を私も幹事で開いている。

女友達と私が飲み屋で知り合ったおにいさん~おじさんたち、

4~8人ぐらいで集まれる人で定期的にしている。

お店は男性が決めてくれる。

最近ハマっているところ。とか、

ここのこれがおいしいんだよ。とか。

予約が取れない超名店ではない。

おいしくて(ほどほど)リーズナブルで、

次は自分で行きたくなる店が多い。

 

いくらかはいつも教えてくれないけれど、少ない金額ですませてくれる。

2件目以降は請求されない。(いつものbarに行く)

 

会話はご飯やお酒に対してこれおいしいとか、

そういうのばっかり。

たまに人生相談をすると聞いてくれる。

割と穏やかな環境で飲ませてもらって楽しませてもらっているんだと知った。

 

そして、楽しい時間を過ごすために、

いうならば、フェアに扱ってもらうために

私はすこしの金額を払っていたのだと思った。

いつも飲んでいる人達がキャバクラに行くのかも下ネタを話すのかも

知らないけれど。(なんとなく、しなさそうな人ばかりなのだ)

 

 

お金と若さの取引問題は答えがない。

 

 

おいしいご飯を食べて、会話で性的搾取をされると

精神的レイプされた気がする。屈辱だったのだ。

 

そういう食事会は行きたくない。おいしい思い出がけがれていく。