読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

周りが勝手にかけてくる呪い。

 

逃げ恥は見ていないけど、

ツイッターで回ってきて、良いドラマだったんだろうなと思った。

 

togetter.com

 

 

 

女は若くなくちゃという呪いもあれば、

男は泣いてはいけないという呪いもある。

学歴だとか、仕事だとか。

色々なことに呪いはある。

誰しもが持っている。

 

コンプレックスというと、自分自身の問題のように思えて、

自分に解決の糸口を見つけようとしてもがく。

 

でも、コンプレックスも他人がかけた呪いだ。

そして、呪いをかける他人は、私に対して責任なんてとらない。

呪いをかけて逃げていく。

 

呪いのかけ逃げのようなもの、たくさんある気がする。

 

こどもの頃のいじめだとか。

スクールカーストもそうだと思う。

 

私はそこから逃げたかった。そして逃げた。

逃げた先でまた同じことが起こる時もある。

やっと抜け出せたのは大学だった。

 

 

私が私にかけている呪いもある。

仕事が出来なくちゃ人として意味がない。

恋愛なんてしていたら仕事がうまくいかない。

誰か大切な人と仕事が両立できるわけがない。

私の居場所は私しかない。

 

とかとか。

書いててつらい。

 

呪いの組み合わせが性格だったり、その人の価値観なんだろうな。

 

手放せ。逃げろ。

 

 あー、だから「逃げるは恥だが役に立つ」なんだ。