読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

出会い系アプリをしてみて。

 

最近はじめて出会い系アプリをしていて、

すごくカルチャーショックを受けている。

 

顔、年齢、職業、年収、出身地などなど

任意で答える。

もちろん答えなくても良い。

でも答えたほうが出会う確率が上がる。(と思う)

 

私なりの基準

・年上

・年収私より上

・顔がきらいじゃない

 

があっても、良いなーとなんとなく思ったら、

基準を外して連絡を取っている。

主に外せるのは年齢。

 

なんとなく良いなというのは、完璧に見た目である。

 

見た目が良いというのは本当に強烈に強みだ。

好みはあるとはいえ、好みなら許せるのだ。

 

他に自分で驚いたのは、

連絡が来たけど年下だから放っておいたら、

やっぱり気になって連絡しちゃいました!みたいに、

しばらく経ってから素直に言ってくれるとマジで、

うおおおおおおとなる。

自分の心もすぐ移ろうものだとひしひしと実感する。

 

メールをするしかコミュニケーション手段がないから、

必然的に男性がマメに連絡をくれる。

これがずっとではないんだろうなと思いながら、

連絡が来る男の人の良さを感じている。

 

私もふるいにかけているし、相手も私をふるいにかけている。

とても機械的だけれど、奥にいるのは私と同じ生身の人間だ。

人を機械のように扱って、そこを潜り抜けると人対人がはじまる。

 

先に人を見るんじゃないのは、どう考えてもおかしい。

理想の人より、理想の出会い方の方があるかもしれない。