読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

善意の顔してやってくる害。

 

つい先日、詐欺にあいかけた。

仮想通貨の価値が上がるから、

先に買わない?今なら安いよ。

みんなで買おうよ。

みんなでお金持ちになろうよ。

100倍に価値が上がるよ。

だって需要と供給のバランスで、

仮想通貨は枚数が決まっているから、

先にたくさん買った人が得するでしょ。

今は価値が少なくても、

世界や日本企業でも

認められている仮想通貨だから

いずれは、ドルやポンドみたいに

100円ぐらいには少なくともなるよ。

 

 

って話でした。

 

聞いてるときはすごいなと思った。

すごいなと思いながら、違和感もあった。

洗い出してみようと思う。

 

・おかしいなと思ったポイント

①話を聞きに行くのになぜか1000円取られる。

②登壇者が3人いるけれど口頭のみの自己紹介で、

スライドに漢字も何も出てこない。

③そのうちの一人が、小室哲哉と一緒に仕事したとか、

一見スゴイ前振りをしてくる。

それより、どの音楽会社の、どの部署か言って。

④登壇者が全体的に胡散臭い。

⑤仮想通貨の価値で儲ける仕組みだと思って聞いていたら、

誰かを誘って人数を増やしていく、ねずみ講の部分に金を注いでいる。

⑥一口3万円の中の20%しか仮想通貨の売買に使用されない。

20%は会社へ。60%は営業費。営業費というのはねずみ講の分のペイ。

⑦だったら、自分でその仮想通貨直接買うわ!(キレ)

 

ということで、変だなと思ったわけでした。

なんでその会社を通すといいかというと、

・仮想通貨盗まれる危険性がある。

・いちどその会社を解して独自のコインに置き換えることで、盗まれなくなる。

とか。なんでかはわからない。

 

あと、社長の情報網がすごいから、相場の読みができるから、安心。

絶対上がる時に売るタイミングを教えてくれるらしい。

 

そんな各日なら自分だけ儲ければいいじゃん。

と思ったら、社長は素晴らしい人格者で、

「あらゆる人を億万長者にする」という野望を持っているらしい。

だから、口コミで増やしているんだそう。

・だったらネットで集めたほうが早いし多い。

口コミでやってくるようなネットに疎い人がターゲットということですね。

 

誘ってくれた方は、

フィンテックの一環ぐらいの気持ちで誘ってくれていた。

私もそういう業界は疎いし取材がてら聞こうかなと思ったら

まるっきりねずみ講だった。

詐欺は誘った人も罰せられるそうで。そこが心配。

私はやめておきますって言ったけど、

みんな善意で広めているからタチが悪い。

しかも、友達が、親が、親友となると、信じてしまうこともあると思う。

私は仕事伝いに聞いたから、半分半分だったけど。

元から信用してる人だったらと思うとこわい。

 

うまい話には裏があるというか、裏しかない。

 

ネットで検索をかけたら、

Yahoo!でも詐欺だとか、クーリングオフしたいとか出てくる。

仮想通貨事態を調べても、

ビットコインのような価格が上がるような仮想通貨でなく、

お金を移動する入れ物的な役割らしく。

そして、作っている会社自体があまりに価値が出たら下げると言っている。

なぜかというと、手数料を0に近づけるためにつくった仕組みだから。

差額で儲けるための仮想通貨じゃないらしい。

ここら辺よくわからないので間違っていると思う。

 

 

ということで、仮想通貨については今後の参考に

どれぐらい価値が変わるのか買ってみても良いなと思うきっかけになった。

そういう意味で、フィンテックに一歩入れた気もする。

 

 

あまり関係ないかもしれないけれど、気になったこと。

貸し会議室で話を聞いたのだけれど、

一覧が出ている電子の案内掲示板があったのだけど、

その右上に、※撮影はご遠慮ください。と書いてあった。

 

なんでか分からないなあと思いながら入ったのだけれど、

詐欺で使われている場合もあるから出来るだけそういう証拠は

残したくないのかなと。貸している貸会議室屋さんも嫌だろうし。

ねずみ講の方も同じ会議室を使っていて抑えられたら困るだろう。

 

ということで、人生新しい経験は増えていく。