読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

友情にも重いはある。

 

恋人同士だと、重いからちょっと離れたいとかは分かる。

友達も、重い時があるということに気付いた。

 

好きの量が合わないとやっぱりつらい。

すごく求められたりすると、なんかなあとなる。

 

好きだし時間も空いているし、

一緒に過ごすのは楽しいけれど、

あなたとばっかりいるのもなあ。となる。

 

思い返すと、小中学校の時とか、

友達の取り合いのようなこととか、

好きな友達を遊びに誘いすぎてしまって

飽きられたりとか私はよくやっていた。

 

それを過ぎて、私はそんなに友達いらないのかもと気付いた。

ずっと一緒にいないと気が済まない友達はいなかった。

一緒にいたいけど、無理だったりとか普通にある。

永遠の友達は不可能だと気付いた。

 

だから一人でまあいいやと思っている。

さみしいときもある。

でも、その時々の友達がいる。それぐらいには友達がいる。

 

なんとなく、自分が好きなタイプの友達と

好かれるタイプの友達は違うなあと思うわけです。