読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

生理に思うこと。

 

もう、人生の半分以上、生理と共に生きている。

月に1回、1週間くらいちゃんとやってくる。

 

20代そこそこの時は、生理に対してどうこう思ったことがなかった。

血が出てるな。ぐらい。機嫌も変わらないし、普通。

 

ところがアラサーになって、

生理がくる前にイライラする日がくるようになった。普通の時もあるけど。

生理中は今までなったことのない気持ちになる。

 

メモで残っているのが

・血が出ている時のマインド

・ひとりを思い知ってかなしくなる

・広い気持ち

・夜泣きそうなこと

・分かり合えない

・行き場のない母性

 

私はメモをたまにするのだけれど、書いた記憶もなく。

そして、自分のことなのに言葉選びが怖い。

 

行き場のない母性って・・・産む予定ないしね。たしかに。

なんというか、体がこども産む時期ですよ!リミットきますよって、

すごく本能が体の中で騒いでいる気がする。

 

女は子宮で考えるというけれど、分かる気がする。

最近は好きな人が出来たら、

私はこの人の遺伝子が欲しいんだろうか。

と、まじまじと観察しながら一緒に時間を過ごしている。

 

この人とのこどもが出来たらどんな子になるんだろう。

この人はどんな父親になるのだろう。

この人はどんな家庭を築きたいんだろう。

 

昔みたいな好きだけの恋愛は本当に無くなった。

この先の人生を見てしまう。予測する。

そして、自分のできる範囲の妥協と目の前の相手をすり合わせて

家庭を運営できるかという目線ですべてを見ている。

自己の中でお見合いをしている気分になる。

 

それは全部生理のせいだと思っている。

 

生理の期間が13から50才として37年。血が出てる。

17年ぐらい私は出ていて、

そりゃ、何か思うことも変わるよなと思ったり。

 

産んだらまた、生理に対して違う気持ちになるのかな。

その前に、子作りの時に思うのかな。

 

両方まだまだすぎて途方もなく想像がつかなくて怖い。

30代でやること多すぎだろ人生。