読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

ネットは虚構とわかっている。

 

ネットは仮の姿で過ごすところだった。

私も現実ではない私を演じていた。

だから、ネットは虚構だって体になじんでいる。

なので、嘘が書いてあっても動じないし、

本当のことが書いてあったらラッキーぐらい。

ステマも多いし、必要な時に本当のことを探すのはとてもむずかしい時がある。

 

その点、テレビや雑誌、新聞、ラジオもかな。

本当のことしか言わないものだと思って育ってきた。

そういうイメージをどうやって

私たちに植え付けたのか分からないけれど、

なかなかこれがやっかいだ。

どうしても、疑えない。疑うポイントが見つけられない。

ふーん、そっかと思ってしまう。ほとんど反射的に。

 

もう、全部のメディアは疑わないといけない。

信じられる情報は少ない。自分で体験したことと、

信用ある情報発信者が出すものぐらいかな。あとは知り合い。

 

私はもう、現実だけれど、虚構の中で生きているのかもしれない。

現実も嘘だらけで何が何か分からない。

 

そこに、テクノロジーが入ってきて、現実も歪められたりされてしまうんだろう。

何をどう生きていけばいいのかふと分からなくなって、

怖いなということばかり考えている。