読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

知らないが感情を膨らませる。

 

おいしいとか、感動とかって、

知らないことが大切。

「おいしい!なにこれ?!」と言われて思った。

 

友達を家に呼んで、ご飯をごちそうした。

黒オリーブと味噌とバルサミコ酢とオリーブオイルで

作ったソースにまぐろとネギを和えて出した。

私はつくってるし、材料も分かるから、

だいたいこんな味か~と思って食べるので、

そんなに感動しない。

こう作ったら、こうなるのか~ふむふむ。みたいな。

 

でも友達は何にも知らないから、反応が良い。

レシピ本教えてあげたら写メって行くぐらい反応良かった。

 

知らないと感動の振れ幅が広がるんだなあ。

ということでした。

 

知識は少し知っていることにプラスされる方が、

まったく新しいことを知った時より跳ね上がると思っている。

味覚はまた別なんだね。まあ味の土壌はあるか。

 

ということで、レシピを知っているとおいしいが鈍るという話です。

だから、シェフはスゴイと思う。

 

料理を作って、客観性がなくなるのは悲しいね。

作っても新しい気持ちで食べられたらいいのに。