読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

無意識に、虎の威を借りていないか。

 

例えば会社に名の知れた人がいたり、

頭の良い人がいたり、

人格者がいたりしたときに、

同じグループに所属しているというだけで

自分のことのように話したりしていないだろうか。

 

自分は何でもない人間で、

どちらかというとどうしようもない人間で、

何もなしていない。

 

そのことを忘れて、

その環境に溺れてはいないだろうか。

 

素晴らしい人が身の回りにいることは

けして自分の自慢することではない。

それに安住してしまって、周りだけがどんどん遠ざかる。

そんなふうになってはいないだろうか。

と、たまに思い出して、

自分そのものだけを環境から切り取って見てみる。

 

私が傍にいることによって

喜んでくれる人の顔が浮かぶだろうか。

そんなことを今日は思った。