読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる書き書き。

365日書けたので、平日の終日外出じゃない日は更新。

完璧で出すか、8割で出すか。

 

世に出す時に8割ぐらいの完成度で

あとはアップデートで改善改善としていく。

そのほうがスピーディーで良い。

100%(できる限り)にしてから出してると他のところに抜かれる。

ITだと当たり前の感覚だと思う。

 

私は某新聞をパソコンで読んでいる。

ブラウザとの距離の関係からか全然頭に入らなくて

うぬぬぬ。。。とここ数年思っていた。結構ストレスフル。

 

スマホアプリは出てすぐにダウンロードしたけどすぐに使わなくなった。

記事のダウンロードに時間がかかるし、漏れもあったりで使えなかったのだ。

 

で、今日数年ぶりに

某新聞社のスマホアプリを立ち上げた。

ダウンロードの速さにビビった。

え、1分かかるかかからないかじゃない?

しかも漏れがない。ぐるぐる回って待ってない。

 

 

つかえるやーん!!!!!

 

 

今までのストレスフルな生活は不要だったのだ。

でもこれ、8割でリリースしたから起こっている悲劇

(その時は100%のつもりでリリースしてたのかもしれないけど)で、

ユーザーは確実に離れている。と思う。

こういうこと、世の中には多いんだろうなと思って、

改めて何かをチャレンジしてみるとか良いのかもしれない。

 

 

8割で改善スタンスはすごく仕事でもためになったけれど、

100%を目指して作ることもやっぱり大切なんだな。

そのはざまでいつも働いているようないないような。

 

ネットはまだまだ未発達なものであふれている。